【SIMの選び方】スマホは使える?留学中のネット事情(オーストラリア)

SIM(携帯会社)の選び方【オーストラリア留学ワーホリ】留学(ワーホリ)

こんばんは、リモート夫婦のじーです。
私たちの海外プロフィールはこちらから!

留学(ワーホリ)
「留学(ワーホリ)」の記事一覧です。

オーストラリア留学(ワーホリ)で現地の携帯会社(sim)を利用するならどこを使うべきなのか、1年間いろんな街を飛び回ったわたしなりの答えをここに記します。

まずは、オーストラリアでワーホリ中の人がどんな風にスマホを使っているのか?について。

通信事情
  • 留学中は、宿のWi-Fiや公共Wi-Fiだけで生活する人も多い
  • 仕事で電話番号が必要でそのために契約する人も多い
  • 必要なときだけ現地の携帯会社が発行しているSIMを使うのがコスパ良し。
    • 1G/1000円程のプランより選択可
    • スーパーのレジ横とかに売っている

続いて携帯会社(sim)の選び方は大きく二つです。


携帯会社(sim)の選び方
  • 品質(速度/エリア)で選ぶ
  • 値段で選ぶ

スマホを使うにあたりsimの選び方は非常に重要となってきます。
SIMの選び方について、以下で解説していきます。

それでは、まずは結論から!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【結論】携帯会社(sim)の選び方【オーストラリア】

スマホ会社(sim)の選び方について結論から言うと

  • 品質(速度/エリア)で選ぶ ⇒Telstra(テルストラ)
  • 値段(安い)で選ぶ     ⇒ Southern Phone か  Catch Connect
NGな選び方

日本でポケットWi-Fiを長期契約

以下で、品質で選ぶ場合と、安さ(値段)で選ぶ場合について解説します。

品質(速度/エリア)で選ぶ

品質でsimを選ぶなら、Telstra(テルストラ)一択です。
通信安定性、カバーエリアともにオーストラリアNo1です。
元国営企業ということで、日本でいうとドコモ的存在となります。

通信品質がいいスマホを使いたければTelstra(テルストラ)一択です、ということで8割の内容が終わりなのですが、Telstra(テルストラ)同様に、品質のいいとされる大手通信会社が3社ありますのでご紹介します。

  1. Telstra(テルストラ)
  2. Optus(オプタス)
  3. Vodafone(ボーダフォン)

品質がいい携帯会社は3社(比較)

日本の携帯会社をイメージすると力関係がわかりやすいかもしれません。
日本と同じくオーストラリアでも、大手通信キャリアは3社となります。

オーストラリアの携帯会社を日本の携帯会社でイメージすると以下となります。

オーストラリア日本
Telstra(テルストラ)≒ドコモ
Optus(オプタス)≒au
Vodafone(ボーダフォン)≒ソフトバンク
表 相関イメージ

日本では、ドコモ、au、ソフトバンクで通信品質に大きな差はありませんが、オーストラリアは違います。

通信品質(オーストラリア携帯会社)
Telstra>>>>>>>>Optus>>Vodafone

Telstraの通信品質が圧倒的に優れています。

じー
じー

街の中心地を離れた瞬間、Telstraしか繋がらなくなったりします。

一方で値段については、こんな感じです。

値段(オーストラリア携帯会社)
Telstra>Optus≧Vodafone

通信品質の違いに比べ3社に値段の差は大きくありません。

街を歩いているとOptus(オプタス)の広告が目立つので力がありそうな感じがしますが、Telstra(テルストラ)が最大手にして、通信品質も◎です。

Telstraを選ぶ理由(遭難)

どうしてもTelstraを選ぶべきだと思うようになったきっかけがあります。

数年前、隣町へ車で移動中、車の故障に見舞われました。オーバーヒートでしたので、冷えるまで様子を見ましたが再び動く兆しもありません。車が止まった場所は、一番近い町まで150キロはあろうかという砂漠のど真ん中でしたので、早めに助けを呼ぶことに。同乗者3人がそれぞれTelstra、Optus、Vodafoneを使っていましたが、Telstra以外は完全に圏外ながら、Telstraだけが電波が微妙に入っていましたので場所を移動しながらなんとか電話で助け(レッカー)を呼ぶことができました。半日強、砂漠で過ごしましたが、それ以上はもう耐えられないほどに過酷でした。

じー
じー

ちょっと死ぬかもなと思いました

田舎や砂漠地帯ではTelstraが最強だということが普段使っていてなんとなく分かっていましたが、実際に身の危険を携帯電話に助けてもらってからは、安全のためにもTelstraがいいなと思うようになりました。

とはいえ、街の中心から出ないような生活であれば高い通信会社(sim)を使う必要はありませんので、普段は安い通信会社、旅行時はTelstraといった使い方がよいかとおもいます。

安いSIMの選び方

安いSIMを選ぶ際に考えないといけないのが、通信量の多さです。たくさんネットするのか、最低限通信ができればいいのかで選び方が変わります。以下のようになります。

  • 小容量(ギガ少ない)&安い
  • 大容量(ギガ多い)の割りに安い

小容量(ギガ少ない)&安い

安いSIMを選ぶなら、下記2社を選べば問題ありません。

  • Southern Phone
  • Catch Connect

おおよそ 1G/1000円程で契約できます。

大容量(ギガ多い)の割りに安い

この場合も大容量かつ安いを求める場合も

  • Southern Phone

を選ぶべきです。7G/2000円、16G/3000円 程度で利用できます。日本と比べてもかなり安く抑えられる印象です。

選んではいけないSIM(ポケットWi-Fi)

逆にやっていけないのは、日本でポケットWi-Fiを契約して使い放題月額7000円程で年間契約してしまうことです。現地のSIMに比べてエリアに不安があるのと単純に値段が高いのでコスパ✖です。さらに機器の故障補償とかで保険料もとられるのが痛いところです。

NGな選び方

日本でポケットWi-Fiを長期契約

【応用】日本のスマホを使うには

日本で買ったスマホを海外で使うには、対応周波数を合わせる必要があります。
お手持ちのスマホの対応周波数とオーストラリアの携帯会社の周波数が一致していることが確認できればOKです。
詳しい対応状況などについては、また別記事でご紹介します。

おわりに

品質目線でのSIMの選び方と、安いSIMの選び方、そして、やってはいけないSIMの選び方についてご紹介しました。
スマホ、SIMの選び方は人それぞれだと思いますが、街中に暮らす普段は安いSIMを使う。旅行や大きな移動がある場合は、ひと月だけTelstraのSIMを買うなどの使い分けが一番幸せになれるSIMの選び方だと思います。

格安ワーホリの記事はこちらからどうぞ

妻がフランス留学に行きました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました