つみたてNISAに反対の妻(彼女)を説得!効果的な5つのアプローチ

積立NISAを始めたいときに妻(奥さん)を説得する5つの材料を使った方法。お金

こんばんは、リモート夫婦です!(^^)! 

手軽に始められて他の株式投資よりもリスクが少なく国も支援している。

そんなメリットだらけの積立NISAを始めたい、ずっと興味は持っているという方は多いのではないでしょうか。

しかしながら「投資=危険」というイメージが強いのも事実、家計のお金を使うことになるので奥さんの許可が必要な場合がほとんどなはずです。

今回は積立NISA(投資)を始めたい旦那様向けに、奥様を説得するにはどうすればいいの?という内容になっています。

女性が強く持つといわれる「不安」「同調」「損失回避」の能力にアプローチする内容を軸に、以下の材料で交渉を進めていきます。

■説得に用意する材料

  • タイミング
  • ご機嫌
  • 危機感を煽る話
  • やらなきゃ損だっていう話
  • みんなもやっている話
スポンサーリンク
スポンサーリンク

材料を使った実際の交渉

まずは、交渉・相談ができる環境を整えなければいけません。タイミングからです。

タイミング

これを外すと他の説得材料が素晴らしくても失敗するかもしれませんので、しっかりと抑えるようにしましょう。

ベストタイミングは?

ベストなタイミングは「夕飯の後、ひと段落してから」です。夕飯を食べた後に食器や台所の片付けをすることが多いかと思います。ねらい目はそこです。片付けが終わって一休み、となったタイミングを狙いましょう。あまり遅くならないのであればお風呂後もとてもいいタイミングだと思います。

 ✅ 夕飯の片付け後

 ✅ 入浴後

悪いタイミングは?

悪いタイミングは、寝起きと寝る前です。早く話したいそんなときにはついタイミングを考えずに話してしまいがちなので気を付けてましょう。

 ✅ 寝起き

 ✅ 就寝前

ご機嫌

トークや振る舞いでご機嫌がとれる方はそれがベストです。そうでない方は、物に頼りすぎてはいけませんが甘いものチカラを借りるのが好手です。奥様が好きなコンビニスイーツを”奥様だけ”に買って帰ってください。自分用のスイーツも自分のビールも買ってはいけません・・!ぜひ奥様だけに特別を。

夕食後の一休みのタイミングと合わせて効果的にご機嫌を取られることをお勧めします。

うちの妻はコンビニスイーツでは満足しない!

そんな状況の方は、街のケーキ屋さんをご利用ください。これ以上を求められるようなら献上するものを変更することが望ましいです。満足してもらうことが目的なので奥様の好みに合わせるのが最善です。

危機感を煽る(感じてもらう)という話

煽るという表現は不適切かもしれませんが、女性は男性よりも不安を感じやすく保守的な色が強いといわれていますことから、危機感を感じてもらうというのはとても有効だとおもいます。

実際、積立NISAの背景には投資的な側面もありますが、将来的な備えという要素が強くありますので、そこをアピールすることが大事です。投資側面が全面に出てしまうと女性の不安を感じやすいポイントにヒットしてしまうかもしれません。老後2000万円問題、為替、インフレリスク、色々な懸念すべきことはありますが、お伝えすべきはひとつ将来への不安です。

日本円の価値下落リスク

現在、裕福な国として数えられる日本ですが、今後はどうでしょうか。中国の急発展、アメリカのGoogle、Amazon、apple、Facebookの躍進を含めた持続的な成長、アジアの爆発力。そうした強みを持っていない日本には、現時点での成長は期待できません。さらに発展途上国で成長が続くと人件費があがるので物を製造するコストがあがります。そうなるとあらゆる日用品を輸入に頼る日本では商品の値段が高騰していき、同じ暮らしをしていても使っていくお金は増えていってしまうのです。今100万円で買えるものが、10年後には130万円出さないと買えないってことが起こりうるんですね。言い換えれば頑張って貯めた100万円の現金の価値も下がってしまうリスクがあるんです。

簡単にまとめると以下になります。

【これからの日本イメージ】
・外国が発展する   →日本が貧乏になる
・子供減り老人増える →日本が貧乏になる

【海外のイメージ】
・人気企業がどんどん業績伸ばす →国の成長
・老人増えるけど子供も増えてる →現状維持or成長予余地あり。

みんなもやっているという話

危機感を煽りきったら、今度は同調です。将来の備えとして積立NISAを始める人が増えているということをぜひご説明ください。実際に積み立てNISAの利用者は急激増えています。

以下、金融庁が発表している積立NISAの利用者数の資料です。
1人1口座しか解説できないのでそのまま積立NISA利用者の人数になります。

積立NISA加入者状況(2014年)
積立NISA加入者状況(2014年)
積立NISA加入者状況(2019年)
積立NISA加入者状況(2019年)

積み立てNISA利用者の動向
2016年:650万人
2019年:1365万人
➡650万人→1365万人(715万人増加)

https://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/about/datacollection/index.html

さらに、会社の同僚や上司もみんなやってる!うちもやらなきゃやばいってエピソードまで盛り込めたら完璧です。

儲かるかも(やらなきゃ損)という話

積立NISAは積極的に儲けようという投資方法ではないとされていますが、銀行に貯金しているよりはるかに儲かる可能性があります。

一般的に積立NISAでは年利5%の配当が期待できるとされています。年利5%というのは300万円あるならば毎年15万円を生み出してくれるということです。月で換算すると寝てるだけで1万円入ってくることになります。1万もあれば毎月のスマホ代/ネット代がそれだけで払えてしまいますよね。ただ1000万積み立てるのどんだけ時間かかるのってことですが夫婦共働きで一人3万積立てれば約12年、22歳で始めた場合34歳になるころには寝てるだけで毎月4万円を得られる生活が手に入るかもしれません。

かもしれませんとしているのは、元本割れで価値が下がってしまう可能性があるため、必ずそうなる訳ではない、ということです。

元本割れというリスクがあるにしろ十分魅力的な金融商品だとおもいます。

積み立てNISAを始めるには手数料無料のSBI証券がおすすめです。また別途記事書きます。

SBI証券で始めよう!ポイント投資|SBI証券
100円からT-POINTで投信が買える!取引・残高に応じてT-POINTが毎月もらえる!お手続きは簡単!さぁ、SBI証券でポイント投資、始めましょう!

おわりに

お金が関わることなので奥さまの理解と協力が必須になってきます。「家族のため、夫婦のため」だとということをしっかりと伝えてご納得してもらってください。

投資生活に幸あれ!(^^)!

他にも家庭のお金に関する内容をまとめていいますのでよろしければご覧になってください。

コメント

  1. atom より:

    通りすがりですが・・・
    300万円の年利5%であれば、年間15万円、月1万強です。

タイトルとURLをコピーしました