通信で広がるMaaSの可能性

スポンサーリンク
Maas-Growth-Forecastサービス、料金プラン
スポンサーリンク

MaaSとは

マイカー以外の乗り物を利用して、目的地までスムーズな移動をする、その際の交通手段が公共かどうかも媒体(車、電車、自転車など)も問わない。という新しい移動の概念をMaaSと呼ぶ。

f:id:Goo-tech:20191202232844p:plain

MaaSとは(国土交通政策研究所報第 69 号 2018 年夏季)

出典:https://www.mlit.go.jp/pri/kikanshi/pdf/2018/69_1.pdf

イカー以外の乗り物を利用して、目的地までスムーズな移動をする、その際の交通手段が公共かどうかも媒体(車、電車、自転車など)も問わない。という新しい移動の概念をMaaSと呼ぶ。

MaaSと今までの交通とのちがい

MaaSには「シームレスな」という概念があるようにスムーズな移動が求められている。一昔前の電車の乗り換えのように、路線図や時刻表を睨んでの移動は決してシームレスとは言えないが、昨今のようにスマートフォンのアプリで瞬時に最適なルートが提示されるようになった電車はシームレスだと言えるだろう。そういった意味では電車は単一の移動としては目的まで乗り継いでいくという方法が確立されており、MaaSの主翼を担う能力があるといえる。だが残念なことに未だに電車からバス、バスからバスといった異なる移動手段同士の相性は良くない。そういった交通サービス間の摩擦を緩和してマイカー以外の選択肢を持つことができるようになることを目指したのがMaaSの取り組みだ。

MaaSの恩恵を受けるのはどんな人か

観光客や高齢者が対象されることが多い。

マイカーを持たない観光客向けに交通手段の乏しい地域でも円滑な移動を提供できるトライアルが沖縄などの観光地をはじめ多く実施されるMaaSだが、比較的電車やバスの発達した都心郊外での発展も期待される。なぜなら既にベースとなる公共交通が発達しているという強みをはじめ、都心へ通勤通学のため最寄り駅まで毎日20分以上かけて往復する人もいるなど、巨大なニーズが潜在していると考えられているからだ。

MaaSの今後

MaaSは非常に通信との親和性が高く、共に生まれ育っていく分野だとされる。

通信は今後5Gをはじめ、固定、無線共に高速、大容量化が進むという背景のもと、MaaSも同様に発展していくことが期待され、市場予測では10年後に50倍以上の成長が見込まれるとの見解もある。

「人の移動がなくなることはない」という恒久的な需要に対しどれだけ通信で人と乗り物、乗り物と乗り物を繋げることができるのだろうか。

f:id:Goo-tech:20191203003500p:plain

国内MaaS市場規模予測

出典:https://www.yanoict.com/summary/show/id/543

コメント

タイトルとURLをコピーしました