【Withコロナ】遠距離カップルはこれからどうするべきか考えてみた

with-corona-enkyori-timing遠距離恋愛

こんばんは、リモート夫婦のりんごです。
私たちのプロフィールはこちらから!

夫婦生活もリモートにしてみた!?完全遠距離夫婦の自己紹介!
遠距離のまま結婚をした、新婚夫婦です♡お互い仕事を続けたまま、沖縄と東京で二重生活を送っています。リモート夫婦がどうして遠距離のまま結婚したのか、どんな生活を送っているのか、このブログでどんなことを発信していきたいのか記事にしてみました。

コロナウイルスが日本でも流行し出してから約半年が経ちました。正直当初はこんなに長引くとは思っておらず、夏には例年通りの生活に戻ると思っていました。こんな表現はおかしいかもしれませんが、正直もうコロナには飽き飽きしている方も多いのではないでしょうか…

そして困っているのが遠距離恋愛をしている皆さん。私たちは幸いにも県跨ぎが許された時にタイミングよく会うことができましたが、周りを見渡してみると半年間以上会えていない遠距離カップルもいるみたいです。

そんなWithコロナの時代を生きる遠距離カップルは、これからどのように過ごしていけばいいのでしょうか?私たちリモート夫婦なりに考えてみました。

個人の意見なので賛成できない人もいるかもしれません

  • 遠距離の恋人に会っていいのか分からない
  • 遠距離×コロナの生活に耐えられる気がしない
  • これからどうしていいのか正直不安

そんな方はぜひ今回の記事を参考にしてください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

遠距離の恋人に会いに行くべき?

結論から申し上げますと、私たちはこのように考えています。

リモート夫婦
リモート夫婦

2人で決めたタイミングで会うべき!

感染者が増え続ける毎日ではありますが、もうお互い会ってもいいと考えているのであれば、会ってもいいと考えています。逆にどちらか一方がもう会ってもいいと考えていても、一方がまだ我慢すべきだと考えているのであれば、まだ会うべきタイミングではないのかなと思います。

「不要不急な外出は控える」「県跨ぎはできるだけ自粛」などと言われているので、もちろん我慢することに越したことはないのですし、素晴らしいと思うのですが、遠距離恋愛をしている方々をみていると、もう十分に我慢しすぎているように感じます。

Go toキャンペーンなども始まり、世間的に旅行者が増えてきた今、遠距離で会うのを我慢している人たちはどんどんストレスが溜まってきてしまいますよね。

注意すべきことはたくさんあると思いますが、最初に申し上げた通り、2人が合意しているのであれば会いに行ってもいいと考えます。

遠距離の恋人に会う時に注意したいこと

事前に家族や会社には報告すべき

できれば会う直前に報告するのではなく、会おうと考えている段階で報告するのがいいと思います。理由としては、やはり普通に過ごしているよりは感染リスクが高まるからです。

喜んでくれる人もいれば心配したり反対する人もいると思います。周囲の人の意見はやはり無視はできないので、反対された場合はよく話し合いましょう。

2人は会うことに合意しているのに、周りに反対されてしまうと悔しい気持ちにもなると思います。ですが、周囲の人たちは自分たち2人のことを心配してくれてるので、少しタイミングを考え直したりすることが大切です。

会う前から感染予防を徹底する

今まで以上に気を張って普段から感染予防を徹底しましょう。恋人にうつしてしまうリスクや他県にウイルスを持ち込んでしまうリスクをなるべく低くするためです。

マスクの着用・手洗い消毒・ソーシャルディスタンスは基本とし、もしできるのであれば、恋人に会う2〜3週間前からは外出自粛をしておきましょう。仕事や学校がある場合は仕方ないですが、友人との食事やショッピングなどは我慢しましょう。

特に感染が多い地域から少ない地域への移動がある際には注意です。

自分自身も「無症状だけど感染しているかも…」と心配しながら行くよりは、徹底的に感染予防をしたほうが少し気が楽になりますよね。恋人に会った時に安心して楽しめると思います。

もちろん恋人の元に行った時も、帰ってきてからも、自分がウイルスを持っている可能性を考えて、周りに感染させないための対策をとりましょう!

一番の感染対策はマスクをすることです。洗えるマスク使い捨てマスクどちらを使用してもいいと思いますが、生地のしっかりしたものを選ぶといいと思います。
使い捨てマスクなら50枚入り1500円以上するものがいいです。それ以下だと質の悪いものが多くなってきます)

適切な時期・交通手段を選ぶ

適切な時期

緊急事態宣言が発令している時期や、解除されていても人が多く移動する時期に自分も移動してしまうのは感染のリスクが高まります。

こんな時期はできるだけ避けたい
  • ゴールデンウィークなどの大型連休
  • お盆休み
  • 3連休や4連休

もちろん長いお休みや休みやすい時期の方が、恋人と長い時間過ごせて嬉しい気持ちも十分に分かりますので、「”できるだけ”避けたい」という表現にしています。時期についても恋人と話し合いをして、お互いが会うべきだと思う時期を選びましょう。

適切な交通手段

コロナウイルスの感染対策には換気が欠かせません。飛行機や新幹線などの換気状況や、各交通手段会社の感染対策を調べた上で交通手段を選びましょう。

各交通手段の換気状況についてはこちら!

LCCでも乗車日時の予約変更ができるので、感染者が増えてきた場合には、予約の変更もへ念頭に置いておきましょう。

目的は旅行や観光ではなく恋人に会うため

恋人のいる他県に行くと、どうしても観光したい気持ちになると思います。その気持ちも分かりますが、人の多い観光地などの場所はやはり感染リスクが高まります。

1番の目的は安全に恋人に会うことです。せっかく対策をして会えたのであれば、家やホテルなどでゆっくり過ごすのがおすすめです。家で料理やスイーツを作ってみたり、映画やYouTubeを見て楽しむのも、同棲気分が味わえて楽しいですよ♡

カップルにおすすめの映画はこちら!

もし観光地に行く場合はしっかり感染対策をして、なるべく混んでない時間を選ぶといいでしょう!

おわりに

コロナウイルスと遠距離は最悪な組み合わせだと思いますが、もうしばらくはそんな状況を過ごさなければならなそうです。

少しでも遠距離恋愛が楽しくなるように、工夫して乗り越えていきましょう!

↓さすがにこんな対策は不要だと思っていますが、これで久しぶりに会った恋人の笑いをとることができるかもしれません^^ (意外と安い・・・笑)
■フェイスシールド

コメント

タイトルとURLをコピーしました